続いて…

●お雑煮
雑煮は、年神様に供えた餅などの食物を、煮て食べたことに由来すると言われています。
文字通り、いろいろな材料を一緒に煮たのですが、江戸時代以降、現在のような餅を主材料にしたものになったそうです。
元日から3日にかけては祝いの膳にお雑煮を添えますが、「食い上げる」といって毎日1個ずつもちの数を増やすと縁起がいいと伝えられています。
お雑煮は、もちの形や味付け、具など、地方や家庭によって様々な作り方があります。
『みかんの郷』では、お餅を喉に詰まらせてしまってはせっかくのお正月が台無しになってしまうということで、特別なお餅で提供させていただきました。

●鰤の照り焼き
鰤は出世魚である事から出世を祈願したもの。

●里芋饅頭のあんかけ
里芋は子芋がたくさん付くことから、子宝に恵まれますようにと願って。(八つ頭を使うとサトイモは使わない、どちらか一方のところが多い)

雑学博士?? (^^)v daidai

お正月メニュー 由来を紹介します! お雑煮・里芋・鰤編